電力自由化によるクレジットカード支払いについて

インタンーネットと同じように、電気も独占しないようにするために自由化になった

電力自由化に伴い、支払い方法に不安があるかと思います。基本的な電気の使い方は従来と変更ありません。
分電盤に各業者専用の電力メーターを取り付けるだけで利用できます。これは戸建て住宅やマンションなどマイホームでなくても賃貸でもどの場所でも利用できます。
電力自由化の要因としては、インターネットと同じようなことになります。インターネットも初期の頃は電話会社が独占していましたが独占しないために他者のプランが次々と提供されていったという経緯があります。このようにインターネットだけでなく、電気の独占もしないようにするために自由化になった経緯もあります。

大手のポイント会社が参入し、クレジットカードでの支払いにすることによりポイントなどが付与される

また、生活費の支払いもただ支払っているだけではお得感がないため、各社の提携しているポイントなどが付与されるように大手のポイント会社が参入してきているということです。
支払いは今までと同じようにできます。口座振り込みやクレジットカードなどで支払うことができ、電力会社を変更する場合は引き継がれないので再登録の必要があります。まだ提供されていないため情報が錯綜していますので、きちんと利用したい電力会社のホームページ等を確認するようにしましょう。
クレジットカードでの支払いにするメリットとしては、先程説明しましたがポイントが更に付与されるということになります。支払いがカードで支払うようになるのでポイントが少しだけですが増加するようになったり、提携先の会社が電力を提供する場合はお得にポイントキャンペーンをしてくれているところもあります。

カードを1つにすることでより多くのポイントが貯められる

各会社によって異なりますが、今までのカードよりも電力自由化に伴ってカードが新しく発行される場合もあります。この場合、より利用者にとってメリットのあるカードになりますので電力会社として開始されてからホームページ等で確認することをお勧めします。
各ポイントを貯めていく時にカードを1つにすることでより多くのポイントが貯めれるようになりますので、ポイントを貯めたい方は支払い先を一つにまとめることをお勧めします。

電気代が高額になっている方は電気の利用料に合わせてプランを考えられることができます。利用料に合わせた金額になりますので、携帯電話と同じようなプランになっています。
また、クレジットカードの支払いになる場合はカードを所有していることによる信用取引になりますので利用料を支払うことができます。支払いがお得だからといってカードの使いすぎに注意しましょう。