電力自由化の比較検討について

電気料金の違いは年間で考えた場合、かなりの額が違ってくる可能性があり検討する価値はある

いよいよ、2016年4月から「電力自由化」が始まります。どのように対応するか悩んでいる人、あるいはこの制度がどのようなものか分からない人など、少なからずいるのではないでしょうか。そして、「電力会社を変えるのも面倒なので、このままでいい」という人もいるとことでしょう。ですが、この機会に少し考えてみては如何でしょうか。
電力会社を変えることのメリットやデメリット、あるいは変えないことのメリットやデメリットを知ることで、かなりの差が出てくるかもしれません。例えば、支払額一つ取ってみても、月々の支払額は微々たるものかもしれませんが、年間で考えた場合、かなりの額が違ってくる可能性だってあります。この点から考えても、検討する価値は十分にあるでしょう。

電力会社に問い合わせたり、インターネットを活用してメリットデメリットを比較する

では、どのように比較したらよいのでしょうか。一番良いのは、各電力会社に問い合わせてみることではないでしょうか。新しい事業なので、どの電力会社も顧客獲得のため親切・丁寧に対応してくれるはずです。ただ、「直接電話するのが面倒だ」と考えている人にはこの方法は向いていないかもしれません。他にも比較する方法として、インターネットを活用するという方法もあります。
ですが、どのような方法を取っても、なにせ新しく始まる事業なので、実際に始まってみなければ分からないことが多いのではないでしょうか。実際に始まってみて、「最初の説明と違うのではないか」とか「暫くしてから、経営状況により最初と違う条件になった」ということがないとは言い切れません。

最初にある程度条件の良い電力会社を選び、他の電力会社の状況とを比べ、改めて一番良い条件の電力会社を選び直すという方法

では、どのようにして「電力自由化」に対応すればよいのでしょうか。やはり、一番良い方法は始まってみなければ分からないことが多いという点から、最初にある程度条件の良い電力会社を選び、その後他の電力会社の状況と自分が契約している電力会社の状況とを比べ、改めて一番良い条件の電力会社を選び直すという方法が良いのではないでしょうか。
ですが、この方法には問題点もあります。それは、最初に契約した電力会社を途中で解約した場合、違約金等が発生する場合があるかもしれないという点です。

電気料金だけで電力会社を選択せず、途中で解約しても違約金が発生しないなどの条件も検討材料にする

そういった点を考慮して、この問題を解決するには、最初に選択する電力会社は、途中で解約しても違約金が発生しない電力会社を選択することです。実際にこのような制度を設けている電力会社もあるので、最初に電力会社を比較する際は、電力料金のことだけでなく、こういった点も検討材料に加えることをお勧めします。
「電力自由化」が間近に迫っていることから、焦って電気料金だけで電力会社を選択することがないようにすることが、懸命かと考えます。ここまで述べてきた点以外でも、電力会社ごとに様々なメリットやデメリットがあるので、慎重に見極めて電力会社を選択することをお勧めします。