電力自由化ならENEOSでんきがお得

JXエネルギー(ENEOS)は、120kWh超える第二段階電気料金と300kWhを超える第三段階電気料金で段階的に安く設定される

石油工場

2016年4月より、一般家庭でも自由に複数の電力会社より電気が供給されることとなりました。
一般的な家庭で今より年間いくらぐらい電気料金が安くなるか計算してみました。4人家族、東京電力管轄での試算です。電力自由化により、いろいろな企業が参入しています。ソフトバンクや東燃ゼネラル石油、JXエネルギー(ENEOS)、東京ガス等々、各社いろいろなサービスやセット販売を提案しております。その中で、純粋に電気料金が安い電力会社はJXエネルギーです。

一般的な家庭では、おおよそ年間電気代は10から12万円と思われます。JXエネルギーと契約した場合、年間でおおよそ5,500円安くなります。JXエネルギーの特徴は東京電力より単価が安く設定されているところです。基本料金は東京電力と同様です。また、段階別の電気料金を比較しても、電力量120kWhまでの第一段階電気料金は1Kwhあたり1.33円高くなります。しかし、120kWh超える第二段階電気料金は1kWhあたり2.65円、さらに300kWhを超える第三段階電気料金はなんと2.18円も安く設定されています。
多くの家庭では、ひと月あたり使用する電力量は400kWh前後と推測されますので、120kWhを超えるところからの単価の違いが電気料金の安さに現れています。

自社の石油関連工場で発電した電気を売電するので供給は安定、さらにエネオスのクレジットカードでの引き落とし時の割引やガゾリン代も割引される

ENEOSでんきはJXホールディングスグループのJXエネルギーが運営する電力事業です。みなさんがご存知のようにJXホールディングスは石油関連会社です。JXエネルギーはどこから電気を調達するのでしょうか。JXホールディングスグループのJXエネルギーは全国に石油関連工場が存在します。その工場で発電した電気を売電します。自社工場で発電するので供給は安定します。
また、電気を供給できないような緊急事態が発生しても、既存電力会社(東京電力)が供給をしてくれます。さらに、石油関連会社なので自社ブランドエネオスのクレジットカードで電気料金を引き落としされる場合、1kWhあたり0.2円割引サービスがあり、ガソリンも1リッターあたり1円割引してくれます。車をよく使用される方には朗報です。エネオスはほぼ全国にガソリンスタンドがあります。高速を利用したときサービスエリアで休憩しますが、ガソリンスタンドはエネオスが目立ちます。

この試算は一般的な家庭での電気料金を計算したものです。単身の方や、あまり電気を使わないという方には、ENEOSでんきはお奨めできない場合があります。また、電力自由化は始まってもいません。これから、競争が激しくなりますます消費者にお得なサービスが出てくると考えます。