電力自由化でローソンで電気が買える

ローソンと三菱商事が共同事業会社を立ち上げ電力供給を開始する

コンビニ

2016年の電力自由化に向けて、ローソンと三菱商事が共同事業会社を立ち上げ、小売電気事業者の登録申請を行い、2016年2月以降、まずは首都圏を中心に受付を開始しています。4月から電力供給を開始するそうです。
現在の提供エリアは、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県、山梨県、静岡県の一部のみとなります。成功すれば、後々全国展開していくのではないかと思います。
ローソンでは関東圏に約4000店舗を保有しており、店頭やウェブを通して、顧客獲得をしていく模様です。コンビニ業界では、電力自由化に名乗りをあげたのはローソンが初の会社になります。

電気を作るのは三菱商事、電気を売るのが新会社、一般消費者との接点をコンビニで行う

まず、購入の仕方ですが、ウェブからの申し込みと、店頭でも申し込みができるようになっています。コンビニで電気を買うとは一体どういうことかと言うと、コンビニは一般消費者にとって、一番身近な存在です。
コンビニで電気を売り買いをする仕組みとしては、今回、手を組んだ三菱商事は発電を含めて、元より電力事業を行っている会社です。ですので、電気を作るのは三菱商事が担当し、電気を売るのが新会社が担当、一般消費者との接点をコンビニで行うという形になります。
電気を作る三菱商事と協力して売ると考えるとわかりやすいと思います。安心の品質で、電気の品質は、今までどおり使用できるものとなっております。

基本料金はウェブで料金シミュレーションを行うことができ、ネットだけで簡単に電力会社を切り替えられる

気になる基本料金に関しては、申し込む前にウェブで料金シミュレーションを行うことができます。申し込みをする際に、今までの電力会社の解約手続きが面倒に思えるところですが、不要になります。ネットだけで簡単に電力会社を切り替えられるので、条件が一致すれば手続き自体は簡単に行えます。

電気代に応じてポイントが貯まったり、お得なクーポン券などが毎月メールで届くといった嬉しい特典も

また、電気代に応じてPontaポイントが貯まるという特典も用意しているようです。基本料金と電力量料金の合計金額がPontaポイントの加算対象になります。1000円ごとに10ポイントもらえるようです。もちろん貯まったポイントは、例えば120ポイント貯まった場合、120円分の商品に交換する事ができます。ポイントをためている人には嬉しいサービスだと思います。
電気代は毎月払うものなので、コンビニで買い物をしなくても、勝手に貯まっていきます。また、人気メニューのお得なクーポン券などが毎月メールで届くといった消費者には嬉しい特典もいっぱいです。これからもコンビニという身近な場所ならではのサービスや、料金プランが出てくるのではないかと期待されます。