自分に合ったプランを選択できる電気会社との新しい付き合い方が始まります。

電力自由化により電力会社を切り替えることを考えてみませんか

市場競争が発生し消費者にとってメリットの高いサービスが期待でき、さらに電力業界の技術革新も進む

最近よく電力自由化、という言葉をニュースやCM、ネットなどでも見かけるようになってきました。これは、今まで地域の電力会社の独占事業として行われてきた電力事業が、一般企業にも市場を開放するというものです。この自由化事業そのものは十年以上前から段階的に進められてきています。まず工場や大型施設といった大口需要家向けの電力から自由化されていき、今回一般家庭向けの電力供給を自由化されることによって、すべての電力供給を各企業が行えるようになるのです。

なぜこのような改革が進められてきたかというと、ひとつの企業が独占することで可能とされてきた電力の安定供給が、技術の進歩等によって複数の企業が請け負っても問題ないと判断されてきたことがまずあります。また、市場競争が発生することで、消費者にとってメリットの高いサービスの発生が期待できること、そしてその市場の活発化により電力業界の技術革新も進むということも考えられています。

最近では特にエコエネルギーへの関心が高くなりつつあり、今回の自由化によってその新しいエエネルギーでの電力供給も進むことが見込めます。

送配電は電力会社から独立した中立的な会社が公平に電力配分するので、安定共有は約束されている

このように新たな可能性を秘めている電力自由化ですが、実際にではすぐに切り替える人はおそらくまだ少数であると考えられています。そもそも電気はきわめて安定的に供給されてきたため、料金の高さや電力会社の企業姿勢に不満はあろうとも、実際切り替えても大丈夫なのかという不安のほうが先に立って行動には移せないという捉えかたが強くあります。確かに生活に電気は欠かせないものですから、新しい会社が本当に今までと変わりなく供給してくれるのか、といった不安は生まれて当然です。

けれども、送配電は電力会社から独立した中立的な会社が公平に事業を取り扱うようになっていきます。このため、どこかの電力会社の要求を常に優先するような、いわばひいきのような電力配分を行うことはまずありません。 そして安定供給を一番の責務として供給を行いますので、ある電力会社が供給できなくても、他の会社からの供給を受けられるようなシステムがとられています。 使用者側はなんら不安を覚える必要はないのです。

さまざまな業種の企業が特色のあるサービスを掲げて、新規に電力事業へ参入します

今回の電力自由化を控えて、さまざまな業種の企業が参入を表明してきています。各社特色のあるサービスを掲げており、電力事業へ乗り込む意気込みが窺えます。実際に切り替えるかどうかはひとまず置いておいて、どのような選択肢があり、どのようなサービスを受けられる可能性があるのか、知っておくだけでも損はありません。

せっかく与えられた自由選択の機会です。一度調べてみることをおすすめします。

最新投稿